Event is FINISHED

夏葉社・島田潤一郎「ちいさな出版社のつくり方」特別編

Description
前回のポトラ限定で販売された夏葉社の小冊子『小さな仕事をはじめるために』は、手で1枚ずつ紙を折り、ホチキスでとめたコピー本ながら、ひとり出版社のこころのバイブルともいえる素敵な冊子でした。あっという間に売り切れてしまい手に取ることができなかった方も多かったのですが、そんなみなさんのために今回、「ちいさな出版社のつくりかた・特別編」として、夏葉社島田さんの思いと経験をお話いただくセッションを企画しました。

・ぼくがひとり出版社を立ち上げたわけ
・本を作ることの苦しみとよろこび
・出版社であることのつらさと楽しさ
・小さな仕事をはじめるすべてのひとへ


【登壇者プロフィール】

島田潤一郎(しまだ・じゅんいちろう)/夏葉社代表取締役
1976年高知県生まれ。アルバイトや派遣社員をしながら海外を放浪した後、編集者としての経験を持たないまま2009年9月、ひとり出版社の夏葉社を吉祥寺で創業。スローガンは「何度も、読み返される本を」。『昔日の客』(関口良雄著)、『星を撒いた街』(上林暁著)など絶版となっていた名著の新装復刊からオリジナル作品まで、数多くの美しい本をひとりで手がける。また、ひとり出版社の雄として、ちいさな出版社の設立を目指す人々に勇気と力を与えている。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。
Sun Mar 3, 2019
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
桜会館内 2階セッションルーム
Tickets
一般 SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都世田谷区新町3-21-3 Japan
Organizer
第2回 ポトラ
166 Followers